FC2ブログ

テニス万歳!FC2

貧打のへたくそが試合に挑戦!奮闘の日々の記録

立山連峰縦走(未遂)その3

雷鳥沢からの登り道。斜面一面チングルマに覆われていて天国みたい(@o@)

天国へと登るワタクシw

sky
iPhone6

同行者のYちゃん。後ろに雷鳥沢キャンプ場が見えます。

raicho-sawa
iPhone7

稜線から朝陽が差し込んできました。

morning light
iPhone7

谷になっているところの向こうに槍ヶ岳の穂先が見えてます。小さくてわからないか。

mt yari
iPhone7

尾根に出て、尾根伝いにさらに登って劔御前小屋に到着。目の前に劔岳の雄姿が飛び込んできます。すごい迫力。

劔御前小屋と別山の間の尾根から撮った劔岳。そのうち登りに行く予定(ほんとか?w)。

mt.tsurugi
iPhone7

別山への登り下りがきつくて体力をかなり削られてしまいました。行く手には次なるピーク、真砂岳。結構遠い。ピークが近づくと西側に巻き道を発見。こちらを行けば真砂岳を早く通過できますが、ピークを踏んだことにならない。。

通過w

大汝山への登りは急な岩場。体力を振り絞ってよじ登り、頂上直下の小屋「大汝休憩所」に到着。ここで大休止。私はおでん、Yちゃんはカップヌードルの昼食を取り、英気を養いました。

大汝山のピークは小屋から少し登らないといけないのですが、これもパスw 雄山へと急ぎます。間もなく雄山への急な登りに入り、ようやく山頂に到着。雄山山頂にはなんと神社があります。さすが信仰登山の山。せっかく登ったので祈祷して頂くことに。写真右上の一番高いところでやりました。

oyama
iPhone7

下山は一ノ越方面へ。ザレ場の急斜面を遠足登山の子供たちと一緒に下ります。遠足登山は一ノ越ルートを往復するみたいです。これなら4時間で往復できますからね。室堂到着直前に雨が降ってきて濡れてしまいました。15:30に室堂到着。出発してから10時間の長丁場でした。全山縦走達成!と言いたいところですが、真砂岳と大汝山を飛ばしちゃったからなー

10時間もの間、テント泊道具一式を背負って歩けたのはバルトロのおかげです。さすがの背負い心地でした。腰で背負えるので肩への負担が小さいです。ウエストベルトがかなりしっかりしているのと、腰のところにあるパッドが効いているのかな?ただ、ウエストベルトがしっかりし過ぎていて腰骨がちょっと痛かったです。もう少し使い込んだら当たりが柔らかくなるかな?

立山はいいところでした。去年登った槍ヶ岳とは違った美しさがありますね。雷鳥沢からの登りが最高でした。逆に一ノ越から登ってしまうと美しい自然を堪能できないような気がします。長くて大変でしたが、雷鳥沢から登って良かった^^

にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
  1. 2018/08/08(水) 15:02:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<イグナスのクランプベース改造 | ホーム | 立山連峰縦走(未遂)その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mah0103.blog101.fc2.com/tb.php/2663-9ff00822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mah

Author:mah
テニス万歳!FC2へようこそ!


FC2カウンター


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1318)
マラソン (25)
カメラ (132)
テニス (1048)
山 (36)
卓球 (3)
自転車 (140)


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード